2004年 全日本ロードレース選手権 第4戦 SUGO  予選:4位 決勝:4位
決勝観戦場所:1コーナースタンド   2004.9.5

今年は何事もなく仙台空港に到着できたと思いきや…、
いつもSUGOへ向かってる山道が、全面通行禁止になってて、
頼りにならないナビで迷いながらも、無事に到着。

今回はSUGOのいろんなところで観戦して、SUGOを極めよう!と思ってたので、
いつもと違うとこで見る為に、とりあえず横断幕を貼ったグラスタから移動。
予報では曇りのち雨で気温22°だったのに、雲の間からさす太陽の光が暑い暑い!

まずはシケインに。
少ししてから250の予選が始まったので、観戦。
5周くらい見てたけど、イマイチ面白くない観戦場所だったので、
周回道路を通って移動する。ガッ…………!!
これが結構な山道で、いつのまにかバイクの音が聞こえない場所になってたし、
いつまで歩くのだろうか…って感じで、マイナスイオンいっぱいの山道をじっくりと散策してまい…。
というワケで…予選1回目は、ほとんど見てない。
途中、SPアウトからのストレートを、びゅんびゅん駆けて行くマシンを金網越しに見てて、
ホンダとヤマハの音は、全然違うってのが解るなぁーと楽しんでたけど、
でもこの時、中須賀はピットイン中で…マシン音が聞けなかった。
馬の背・SPコーナー・そして行って見たかったSPコーナー内側(地下通路から行ける)で観戦し、
250予選2回目はSPインで観戦することに。

予選1回目

亀谷・横江・藤岡・中須賀・青山・高橋
3番手の藤岡までが1分31秒台。

予選 Rider BestTime 1/Pos. 2/Pos.
@ 亀谷 長純 1’31”331
A 横江 竜司 1’31”472
B 藤岡 祐三 1’31”705
C 中須賀克行 1’32”024
D 徳留 真紀 1’32”144 10
E 青山 周平 73 1’32”278
F 高橋 裕紀 55 1’32”512

予選2回目

序盤からずっと横江と並んで走っていて、
10Lap目でピットインするまでの順位は青山・中須賀・亀谷。
高橋が走っていないのでなぜだろうと思ってたら、少ししてから出てきた。
まだ足の怪我が癒えていないので、
ギアチェンジしやすいセッティングにしているらしい。
それでも、周回を重ねる毎にタイムを縮めていく様子は、さすが。

藤岡が調子いいなと思ってたけど、
今回からマシンがRS250RWになったようだ。
中須賀ピットアウト。
すぐに32秒024というタイムを出す。31秒台までもう少し!
このまま行けーっと思ったら、すぐにピットインしてしまう。
なぜ?!?!?!どうしてーーー?
すぐに出てきたけど、その後はクリアラップを取れず、終ってしまう。

2回目は全体的にタイムがあがらず、横江がトップタイムを出すものの、
1回目予選トップの亀谷のタイムを破れず、地元でのポールポジションを逃してしまう。
終盤、中須賀の後ろを走ってた徳留は、うまくタイムを出し5番手グリッドを獲得。
2回目予選は横江・亀谷・藤岡・中須賀・徳留・青山・高橋。
1回目と同じくも3番手の藤岡までが1分31秒台のタイムだった。
中須賀はフロントロー発進で、明日の決勝レースを迎える。

久々にパドックに行かずに、そのままSUGOを後に。
今回は、秋保温泉がいっぱいだったので、仕方なく仙台市内のホテルへ。
でも仙台市内に来ると、牛タンを食べる事ができるので、
少々ホテルの部屋が狭くて古くて汚くても我慢我慢。。。
っていうか、もっとお金を出せばいいホテルはいくらでもあるけれど、
ケチケチ観戦ツアーなので、ホテルは4500円以下が基本…(^^;;
「利久」で、美味しい牛タンの夕ご飯を食べて満足満足。
夜から雨が降ってきて…日曜も雨の雰囲気…。

日曜
フリー走行

朝から小雨、コースはウェット。
昨日行けなかった1コーナースタンドに行ってみる。
メインストレートと1・2・3・コーナーが見渡せるGOODなスタンド。
かなり気に入ったので、朝のフリー走行と決勝はここで見ようと決める。
朝フリー、中須賀は5番手タイム。

JSBのフリー走行終盤、渡辺のマシンからオイルが出て、
メインストレート全てという長い距離のオイル処理に時間がかかり、
タイムスケジュールを変更しないために、ピットウォークが激短になった…。
1コーナーからぼちぼちと歩いて行ったら、到着して5分くらいで終了…なんじゃそれ(T_T)

決勝(20L)

雨はあがって、ドライコンディション。

決勝 Rider Gap BestTime
青山 周平 1’31”571
亀谷 長純 2.803 1’31”858
藤岡 祐三 9.171 1’31”356
中須賀克行 14.020 1’32”658
高橋 裕紀 27.224 1’33”044

4番グリッドはイン側。
巻きこまれずにロケットスタート見せてくれ〜と願い、決勝スタート!!
ここ最近は、いまいちスタートが決まってなかったのに、
今回は好スタートを決めた中須賀。
え!!えっーーーーー!!久々の歓声?!(^^)
トップで1コーナーにやって来て、ホールショット…だったけど、
すぐに亀谷にパス。
1周目を終えて帰ってきた時、
すでにトップ亀谷と中須賀の差が開いていた。
横江はスタートを失敗し、1周目の時点で6番手。
6周目辺りまで、亀谷がトップを独走していたが、
後ろからじわじわと差を詰めてた青山がトップを奪う。
スタートで出遅れた横江も、トップ集団に追いつき、
青山・藤岡・亀谷・横江の順。
レース中盤、横江が亀谷をパスするが、接触があり、
横江はシケインで転倒リタイア。

亀谷はトップ集団から遅れ、トップは青山と藤岡の一騎打ちとなるが、
終盤に入って、藤岡のミスもあり、亀谷が2番手に浮上、
青山は独走で250初優勝を飾る。
トップ集団で動きが少しだけあるレース展開の中、
中須賀は、タイムが出せないまま周回を重ね、
トップ集団に加わることなく、4番手を単独走行でチェッカー。
高橋は、中須賀の遥か後方を、ポジションキープの走りで5位チェッカー。
ランキングトップを死守。

250のエントリーは、
ほとんどのマシンがTZだというのに、
TZが活躍するシーンを見る事は、めちゃくちゃ少ない。
今回のレースは、上位3台のホンダが飛びぬけてて、トップと7位以後とは40秒以上も離れていた…。
なんてつまんないレースなんだろうって思った。
予選・決勝を通じて、全体的にタイムが遅く、あまり張り合いがある戦いじゃないな…と。
そりゃあお客さんも帰るよ…。私も帰りたかったよ。

次の鈴鹿…。
好レースが見たいものです。

←戻る