2004年 全日本ロードレース選手権 第3戦 もてぎ  予選:4位 決勝:リタイア
決勝観戦場所:V字前   2004.6.13

さて、もてぎ。
もてぎは、大阪から遠いし、交通の便悪いし、周辺のホテル少ないし、
観客席からコース遠いし、決勝でバトルがあまり見られないし、
その他、いろいろと腹の立つ事件が、多々起こるので、大嫌い。
でも、今回は、サーキット内の周回バスをかなり活用して、
なかなかいいやん!これ!と、思ったのでした。
こういう新しい発見があると、ちょっと好きになれたり…する。

予選1回目

S字に車を駐車して観戦できる、「コースサイド駐車券」ってのがあるけど、
これが、ライスポの懸賞で当たったので、もちろん活用。
コレ、かなり良かった!!。駐車代だけでも地道に節約しないとね…。

中須賀は、コースインして1周した?と思ったら、ピットイン。何?何?どーしたぁ?
と思ったけれど、5分くらいして再度コースイン。
その間の順位は、青山・高橋・及川。
とりあえず、走り始めた中須賀は、58秒台にタイムを入れてきて3番手に。
そして、57秒台を出してきたと思ったら、高橋が56秒台をマーク。
続いて、青山も56秒台を出し…、中須賀は2度目のピットイン。
横江も、56秒台に入れてきて、
中須賀はコンスタントに57秒台を出すもののタイムが上がらない。
最後に、高橋が55秒296という、1人浮きしたタイムを出して終了。

中須賀の走り…何がどう悪いっていうのはワカラナイけれど、
とにかく、高橋が(なぜか?)速い…。

1回目が終ってから、中須賀君に調子を聞いてみると、
「V字」が苦手でうまく走れないとのこと。
よし。。。次は、「V字」で見ようっと。

予選 Rider BestTime 1/Pos. 2/Pos.
@ 高橋 裕紀 55 1’54”507
A 亀谷 長純 1’55”783
B 横江 竜司 1’55”786
C 中須賀克行 1’55”891
D 青山 周平 73 1’55”915
E 東浦 正周 12 1’56”648
F 藤岡 祐三 1’56”690

予選2回目

中須賀はコンスタントに57秒台と56秒台を出してるものの、
高橋・亀谷が55秒台を出してくる。
中須賀3番手タイムで、ピットイン。
青山・高橋・中須賀・亀谷の順位だったが、
ここから、皆タイムが上がり出す。
亀谷・青山・中須賀・高橋となり、
横江が55秒台のトップタイムを出すが、
中須賀も55秒台を出して、横江に続いて2番手。
しかし、最後には高橋・亀谷がタイムを更新し、
最終ラップで高橋が、54秒台?!を出し、
高橋・亀谷・横江・中須賀・青山の順で2回目が終了。

いやぁ〜…1回目に比べると、面白かった2回目予選。
ラップ毎に、皆がタイムを更新して、誰がトップになるかわからない予選だった。
明日の決勝は、フロントロー4番手からスタート。

苦手と聞いてた「V字」は…まぁ、、、言ってた通りだったけど…、
何本か、いいトライをしてたので、明日は大丈夫でしょ〜(^^)

今回の宿は、初めての宇都宮。
車で1時間弱なので、意外と便利でした。
ただ!…なんだか街全体が餃子の匂いがするし、
ホテルの冷蔵庫も餃子の匂いがするし…、
食べよう!と意気込んで宇都宮に来たのに、
結局、匂いだけでお腹がいっぱいになって、
日本一の餃子の街で、餃子は食べず…(T_T)

日曜日
フリー走行

前日の夜から降り続けた雨が、JSBフリー前にやっとあがって、
250走行時は、ハーフウェットの状態。
中須賀は、15分間をフルに使って精力的に走り、
横江・亀谷・藤岡に続き4番手。
高橋は、ほとんど走らず。
午後から、天気は晴れの模様…。

今回は、全日本のレースの他にも、いくつかのイベントが途中に入ってて、
250の決勝が始まるのは、なんと16:45スタート!!
今回、夜行バスで帰阪するので、見る事が出きるけれど、
新幹線や、飛行機で遠方から来ている人にとったら、
見るコトができない時間…。
朝のフリーから、およそ6時間も開いて決勝って…なんやねん!!それっ!!…と、かなり疑問を抱いた。

決勝(20L)

スタートしてホールショットを取ったのは、2列目5番手スタートの青山。
しかし、すぐに高橋・亀谷が青山をパスし、
高橋・亀谷・青山・藤岡・横江・中須賀。
中須賀は、2コーナー抜けた辺りで、なんか一気に抜かれてしまってた。
2周目で、横江がオーバーランし、中須賀はポジションを1つ上げて5番手。
しかし、前方の青山・藤岡の2台と、少し差がある。
トップ高橋と2番手亀谷の差は、2秒弱。
携帯サイトのモータースポーツチャンネルの、ライブタイミングが、トラブってて、
ラップタイムがわからない状態。
手元の計測で、だいたい56秒前半を連発してきてたので、
55秒台も出しているかもなぁ〜と推測。

4・5・6周目で、前を走る青山・藤岡に追いついてきた中須賀。
ここから、コーナー毎に前を走る藤岡に迫るものの、
ストレート、コーナー立ちあがりの差で、離されるという繰り返し。
8周目の最終コーナーで、藤岡を抜くか?!という程接近して、9周目突入。
このまま、イケーーーー!!と応援も過熱し始めた…んだけれど、
90度コーナーで転倒!のアナウンスが…。

決勝 Rider Gap BestTime
高橋 裕紀 1’55”387
亀谷 長純 3.200 1’55”289
青山 周平 16.039 1’55”911
中須賀克行 リタイヤ
1’55”940

ん〜〜〜…。ショックだったけれど、イイ走りをしてたので、
凹み度は少なかった。
アナウンスで、すぐに立ちあがったと聞こえたので、
ケガはしていないんだろうor軽傷かなと思ったので、心配はしなかった。
結果よりもベストを尽くして欲しい…とは思っていたけれど、
ライダーにとっては、結果が全てなんだろうなぁ。
なんとも残念で、ライダーの気持ちを思うと、やりきれない。

ま、その後、最後までレースは見てました…。
途中、横江がリタイヤ。
2番手の亀谷が、高橋を追い続けたが…、
前戦筑波に続いての、高橋のポールtoウィン。

中須賀は、ランキング5位に…。
パシフィックGPにワイルドカードに参戦できる?際どいランキング。
またもや今年も!ですか…(ーー)
ま、正式発表を待つとしますかぁ〜。


←戻る