(第1戦はST600のみ)
全日本ロードレース選手権 第2戦 筑波 (2001/5/12.13)
予選:12位 決勝:14位 30Laps

前年度チャンピオン中冨が予選で転倒、骨折の為、決勝欠場。
125クラス前年度チャンピオンの小山が、SP忠男から参戦。
中須賀は、宮崎が在籍するMOTOREX DAYTONAに移籍。
前年度在籍したRC甲子園からは、亀谷のみ引き続き参戦。

決勝。
中須賀は他車との接触により、最後尾近くまで順位を下げてしまうが、
徐々に順位を挽回、ポイント圏内に入り、14位でチェッカー。
昨年、10戦中6度のポールポジションを獲得していたのにも関わらず、
優勝を逃していた大崎が250初優勝。

<< 予選 総合 >>

<< 決勝 結果 >>
1:  亀谷 長純
2:  関口 太郎
3:  大崎 誠之
4:  小山 知良
5:  青山 博一
6:  宮崎 敦
7:  酒井 大作
8:  嘉陽 哲久

12: 中須賀 克行
1:  大崎 誠之
2:  関口 太郎
3:  小山 知良
4:  宮崎 敦
5:  酒井 大作
6:  嘉陽 哲久
7:  小野寺 貴行
8:  田村 則夫

14: 中須賀 克行
::予選ベストタイム::
トップ:亀谷
>>>0分58秒150

12番手:中須賀
>>>0分58秒854
::決勝ベストタイム::
ファステスト:関口
>>>0分58秒395

14位:中須賀
>>>0分59秒143

全日本ロードレース選手権 第3戦 鈴鹿 (2001/5/26.27)
予選:14位 決勝:8位 17Laps
観戦場所:ピット上

中須賀は、14番手グリッドから好スタート決め、
酒井・横江・小山・青山・中須賀の5番手集団を走行。
毎周順位が入れ替わる激しい争いとなる。
プライベートチームで挑んでいる関口が、ポールtoウィン。

実は…このレースが、私の全日本初観戦♪
予備知識なく観戦しに行った全日本。。。
名前を知ってるライダーなんて、ほとんどいなかった。
それでも、世界GPしか見たことなかった私に、全日本も面白いと思わせてくれた。

<< 予選 総合 >>

<< 決勝 結果 >>
1:  関口 太郎
2:  大崎 誠之
3:  酒井 大作
4:  宮崎 敦
5:  亀谷 長純
6:  青山 博一
7:  横江 竜司
8:  畠山 泰昌

14: 中須賀 克行
1:  関口 太郎
2:  宮崎 敦
3:  大崎 誠之
4:  亀谷 長純
5:  青山 博一
6:  酒井 大作
7:  横江 竜司
8:  中須賀 克行
9:  小野寺 貴行
10: 嘉陽 哲久
::予選ベストタイム::
トップ:関口
>>>2分10秒178

14番手:中須賀
>>>2分13秒536
::決勝ベストタイム::
ファステスト:宮崎
>>>2分11秒403

8位:中須賀
>>>2分12秒474

全日本ロードレース選手権 第4戦 もてぎ (2001/6/23.24)
予選:14位 決勝:リタイア 20Laps
観戦場所:最終コーナー

中須賀は、14番手グリッドから、オープニングラップ10番手で帰ってくる。
順位を8番手まで上げるが、5周目の最終コーナーで転倒リタイア。
大崎が、初のポールtoウィン。

初観戦が楽しかったので、もてぎまで遠征してしまう。
徐々に、ライダーの名前や、上位陣の顔ぶれもパンフでチェックするようになり、
観戦が楽しくなってきて、やめられそうにない状況となり…全日本観戦にはまっていくことに。

まだまだ知らないライダーばかりだったけど、
250ccクラスは、主に宮崎・関口を応援。宮崎と同じチームということで、中須賀もチェックしていた。

そう。
まだ、チームメイトだから応援…程度のものだったのに…それがこんなことになろうとは(笑)

<< 予選 総合 >>

<< 決勝 結果 >>
1:  大崎 誠之
2:  酒井 大作
3:  宮崎 敦
4:  関口 太郎
5:  亀谷 長純
6:  嘉陽 哲久
7:  小野寺 貴行
8:  小山 知良

14: 中須賀 克行
1:  大崎 誠之
2:  関口 太郎
3:  宮崎 敦
4:  酒井 大作
5:  小山 知良
6:  横江 竜司
7:  及川 誠人
8:  川名 祐季

リタイア 中須賀 克行
::予選ベストタイム::
トップ:大崎
>>>1分54秒851

14番手:中須賀
>>>1分57秒369
::決勝ベストタイム::
ファステスト:関口
>>>1分56秒315

リタイア:中須賀
>>>1分57秒479

全日本ロードレース選手権 第5戦 MINE (2001/7/7.8)
予選:13位 決勝:リタイア 
22Laps
観戦場所:グランドスタンド

初戦で怪我をした中冨が復活。
関口・宮崎がリタイア。大崎が地元V。

中須賀は、オープニングラップでリタイア。

<< 予選 総合 >>

<< 決勝 結果 >>
1:  関口 太郎
2:  大崎 誠之
3:  酒井 大作
4:  宮崎 敦
5:  小山 知良
6:  亀谷 長純
7:  小野寺 貴行
8:  畠山 泰昌

13: 中須賀 克行
1:  大崎 誠之
2:  亀谷 長純
3:  酒井 大作
4:  小山 知良
5:  小野寺 貴行
6:  青山 博一
7:  川名 祐季
8:  中冨 伸一

リタイア 中須賀 克行
::予選ベストタイム::
トップ:関口
>>>1分27秒505

13番手:中須賀
>>>1分29秒052
::決勝ベストタイム::
ファステスト:大崎
>>>1分27秒799

リタイア:中須賀
>>> −−−−−

全日本ロードレース選手権 第6戦 菅生 (2001/9/1.2)
予選:19位 決勝:リタイア
 20Laps

中須賀は、スタートでジャンプUPし、そこそこ好タイムで走行していたものの、
4周目にブレーキトラブルが発生しピットイン、リタイア。

<< 予選 総合 >>

<< 決勝 結果 >>
1:  関口 太郎
2:  大崎 誠之
3:  青山 博一
4:  亀谷 長純
5:  宮崎 敦
6:  酒井 大作
7:  小野寺 貴行
8:  中冨 伸一

19: 中須賀 克行
1:  関口 太郎
2:  大崎 誠之
3:  宮崎 敦
4:  亀谷 長純
5:  小野寺 貴行
6:  横江 竜司
7:  小山 知良
8:  青山 博一

リタイア 中須賀 克行
::予選ベストタイム::
トップ:関口
>>>1分31秒781

19番手:中須賀
>>>1分34秒117
::決勝ベストタイム::
ファステスト:関口
>>>1分32秒453

リタイア:中須賀
>>>1分33秒898

全日本ロードレース選手権 第7戦 鈴鹿 (2001/9/15.16)
予選:18位 決勝:リタイア 17Laps
観戦場所:シケインスタンド

大崎と関口がオープニングラップで接触。トップ争いから離れることに・・・。

中須賀は日曜朝のウォームアップで7番手タイム。
決勝では好スタート決め、8番手まで順位をあげるが、9周目に転倒。
確か、ダンロップコーナー抜けた辺りじゃなかったかな?
タイムも悪くなく、いい走りをしていただけに、とても印象が残った。

今回、中須賀選手に、初めて声をかけた。かなりの好青年。
というか、中須賀選手の顔って知らなかったから、
決勝後、「NAKASUGA」と書かれたつなぎを着たライダーに、恐る恐る声をかけてみた次第…。

応援している宮崎が優勝し、チームメイトの中須賀も結果さえ出れば・・・と、今後さらに注目応援!

<< 予選 総合 >>

<< 決勝 結果 >>
1:  大崎 誠之
2:  関口 太郎
3:  小山 知良
4:  畠山 泰昌
5:  小野寺 貴行
6:  亀谷 長純
7:  宮崎 敦
8:  中冨 伸一

18: 中須賀 克行
1:  宮崎 敦
2:  畠山 泰昌
3:  小野寺 貴行
4:  小山 知良
5:  青山 博一
6:  中冨 伸一
7:  亀谷 長純
8:  嘉陽 哲久

リタイア 中須賀 克行
::予選ベストタイム::
トップ:大崎
>>>2分12秒134

18番手:中須賀
>>>2分16秒059
::決勝ベストタイム::
ファステスト:亀谷
>>>2分12秒119

リタイア:中須賀
>>>2分13秒372

全日本ロードレース選手権 第8戦 TI英田 (2001/10/20.21)
予選:12位 決勝:リタイア 20Laps
観戦場所:グランドスタンド

ウェットコンディションの中、前戦に続き、またもや好スタート。
フロントロースタートの宮崎よりも前の、7番手走行。
徐々に順位をあげ、嘉陽・小山・小野寺・宮崎が走る4番手集団のトップに浮上。
1・2・3番手が単独走行なので、注目バトルだった。
しかしっ!!残り5周で転倒・・・・。あ〜〜っ(>_<)!!
このレースは、中須賀を熱烈応援していこうと、心に決めたレースでした。

<< 予選 総合 >>

<< 決勝 結果 >>
1:  関口 太郎
2:  酒井 大作
3:  小野寺 貴行
4:  大崎 誠之
5:  小山 知良
6:  横江 竜司
7:  青山 博一
8:  宮崎 敦

12: 中須賀 克行
1:  酒井 大作
2:  横江 竜司
3:  青山 博一
4:  亀谷 長純
5:  関口 太郎
6:  宮崎 敦
7:  清成 龍一
8:  中冨 伸一

リタイア 中須賀 克行
::予選ベストタイム::
トップ:関口
>>>1分32秒823

12番手:中須賀
>>>1分33秒671
::決勝ベストタイム::
ファステスト:酒井
>>>1分48秒795

リタイア:中須賀
>>>1分50秒153

全日本ロードレース選手権 第9戦 菅生 (2001/11/3.4)
予選:14位 決勝:リタイア 20Laps
観戦場所:グランドスタンド

ポイントリーダーの大崎を、関口が3ポイント差で追うチャンピオン争い。

中須賀は日曜朝のウォームアップで5番手と好調。
決勝、好スタートで1周目、5番手走行。
優勝争いの関口・大崎を含む、8台のマシンでのセカンドグループ。
抜きつ抜かれつの接戦で、タイムも悪くなかったが、12周目に転倒・・・。
独走の横江が地元でポールtoウィンを飾る。
チャンピオン争いは、2ポイント差で関口が逆転V。

中須賀は転倒リタイアが多かったものの、前半戦に比べ上位走行を続けていた。
来シーズンへ期待(^^)!!

今回、中須賀選手に、初めてサインをもらってみた。
サインなんて、ほとんどしたことないらしく…、字が震えてたなぁ(笑)

<< 予選 総合 >>

<< 決勝 結果 >>
1:  横江 竜司
2:  青山 博一
3:  大崎 誠之
4:  関口 太郎
5:  小野寺 貴行
6:  亀谷 長純
7:  小山 知良
8:  中冨 伸一

14: 中須賀 克行
1:  横江 竜司
2:  小山 知良
3:  関口 太郎
4:  青山 博一
5:  大崎 誠之
6:  宮崎 敦
7:  亀谷 長純
8:  中冨 伸一

リタイア 中須賀 克行
::予選ベストタイム::
トップ:横江
>>>1分30秒
941
14番手:中須賀
>>>1分32秒521
::決勝ベストタイム::
ファステスト:横江
>>>1分32秒045

リタイア:中須賀
>>>1分32秒631

ランキング20位
#11
MOTOREX DAYTONAから参戦
チームメイト 宮崎敦


2001年 全日本ロードレース選手権 250ccクラス
ポイントランキング
順位 ライダー ポイント









10
関口 太郎
大崎 誠之
宮崎 敦
小山 知良
酒井 大作
亀谷 長純
横江 竜司
青山 博一
小野寺貴行
畠山 泰昌
124
122
110
89
82
80
74
69
60
41
20 中須賀克行 10

←戻る